虫歯を生まない環境づくりのために

>
この記事をシェアする

大人になっても健康なお口のために

小さなお子さんの虫歯ケアはいつから

虫歯を作らないための日々のケアが大切です。
小さなお子さんならいつから始めるべきでしょうか。
一般的には2歳になる頃には乳歯は生えそろうと言われていますが、ちょうどこの時期には虫歯に対しても注意が必要になる時期です。
とくに1歳7か月を過ぎたあたりから3歳になるまでの時期は虫歯にならないよう、日々のケアが重要です。
お子さんの乳歯はとても柔らかく、虫歯菌によって溶かされてしまうと大きな損傷を受ける可能性があります。
虫歯が誕生しないよう、日頃のブラッシングは大切です。
ただ幼いお子さんが自らブラッシングしても全体的にキレイに磨けることはほぼありません。
そのため子供の歯は親が最後にチェックしてあげる必要があります。
磨き残しが無いか、ブラッシングの癖は無いか、細かく見るのはそのためです。

大人の虫歯ケアに大切な時期

子供の歯だけでなく永久歯となった大人の歯も虫歯ケアは大切です。
そしてここでもタイミングは虫歯予防の重要なキーワードとなります。
そもそも虫歯の発症は、お口の中にあるミュータンス菌などの虫歯菌が、お口の中に残る食事カスなどをエネルギーとして酸を生み出すことが原因です。
虫歯になりやすい人というのは、このミュータンス菌がお口の中で歯や歯茎に悪さをしていることによるものです。
細菌が活動しづらいよう、食事の後はカスが残らないようにブラッシング等のケアが欠かせません。
食後の時間が経過すればするほど最近の活動は活性化します。
そのため食後速やかにケアすることが大切です。
大人の虫歯予防ケアに欠かせない時期とは、食後すぐの間がないタイミングなのです。


Copyright © いつから通う?予防歯科とフッ素塗布のメリット. All Rights Reserved.

TOPへ戻る