虫歯を生まない環境づくりのために

>
この記事をシェアする

フッ素塗布の効果とポイント

フッ素塗布のメリット

小さなお子さんの乳歯はもちろん、大人の永久歯にも虫歯の発生と予防歯科の効果を生むものとしてフッ素塗布という方法があります。
このフッ素とはミネラルの一種です。
植物や私たちの身体にも微量に存在しています。
このフッ素には酸によって歯のミネラルが溶かされるのを抑制する脱灰抑制効果という効果があります。
そのため虫歯予防や小さな虫歯の進行を止めるものとして使われているのです。
フッ素は歯の酸によって溶かされてしまったエナメル質の修復を促してくれるうえに、歯の表面を覆うエナメル質を強化して更なる虫歯への抵抗力を高めます。
しかも、その効果から虫歯を引き起こすミュータンス菌等の細菌の動きを弱めてくれるので、酸が作られないため虫歯が生まれづらい環境を維持することができるのです。
フッ素塗布は乳歯のお子さんはもちろん、歯茎下がりが気になる大人まで誰でもいつでも利用できます。

フッ素塗布の際のポイント

虫歯の発生と予防、再虫歯を防止する効果まで期待できるフッ素塗布ですが、利用の際には配慮するべきポイントがあります。
まずフッ素は水で流れてしまう可能性があるもののため、フッ素塗布した後、最低30分は飲食しない方が効果的だといわれています。
フッ素がお口の中に長くとどまるため、歯や歯茎に効果が浸透しやすくなります。
またフッ素塗布はたまに行うよりも定期的にコツコツと行うことで効果を発揮します。気が向いたときに行うよりも、1日1回は欠かさず行う方が効果は出やすいのです。
フッ素は自然界に存在しているものではありますが、多量摂取は要注意です。
フッ素配合の歯磨きを使用する際には、用法上の注意を守り、大量に使用しないことが賢明です。
また歯磨き後も必要以上にすすぐとフッ素が流れてしまうことも忘れてはいけません。


Copyright © いつから通う?予防歯科とフッ素塗布のメリット. All Rights Reserved.

TOPへ戻る